自分に合ったトリートメントを見つけるには髪質を知ること

>

使うトリートメントの成分は

頭皮に使うトリートメントの成分

トリートメントに含まれる成分にはシリコンがあります。
シリコンと聞くと髪を艶やかにしてくれるイメージがありませんか。
確かにさらさらで、つやつやにしてくれる為のトリートメントの成分の一つではありますが、完全に化学的合成化合物になります。
キューティクルを保護するものではありますが、被さり付着してしまうことによって、髪が呼吸できなくなったり、また逆にキューティクルが壊れている場合には保護ができません。
なのでノンシリコンが大変多くなってきています。
天然成分に拘り髪に安心で良い栄養を与えるトリートメントが主流になってきていますね。
確かに使って安心ですが必ずしもすべてのトラブルに対応できるのでもありません。
ノンシリコンのシャンプーは綺麗に洗浄はできても保湿力がないので髪がギシギシしたり艶がなくなったりパサついたりと弊害があったり、自分には合わないという人も多いのですね。

シリコンは害と言いうのではありません

シリコンは確かに合成化合物ではありますが、害があるものではないと言います。
ノンシリコンシャンプーの後シリコン入りトリートメントで保護もできます。
頭皮に栄養を与える素材ですが天然であることは魅力的ですがかなりのダメージヘアにはシリコン入りが有効と聞きますから、ノンシリコンシャンプーが合わない人はこの組み合わせで使ってみるのもいいかもしれませんね。
また熱や光に強く、柔軟性通気性が高く、また摩擦にも強いと言いますからシャンプーやドライヤーで傷つくキューティクルの保護には適した素材と言えるかもしれません。
また頭皮に残ると指摘をされたこともありますが、そのような心配もあまりないとも聞きますのでノンシリコンタイプより適していると思う人や常にヘヤカラーを続けている人には良いかもしれません。
使って合うか合わないかは夫々なので何に関しても一概に決めることは難しく、自分の結果判断も大切ですね。


この記事をシェアする